B with!

アクセスカウンタ

zoom RSS 恋が攻めてきたっ!

<<   作成日時 : 2011/10/03 01:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ってな感じで観てきました。

モテキ!!



画像




素直におもしろかったです!

マンガ(原作)を読んで、ドラマを観て、映画を観るという贅沢ができたのも満足。

ドラマ、映画と続けて観ることで

いわゆる草食系男子の藤本幸世(森山未来)の男としての成長を見守った感覚でした。



以前にマンガの方を読んだ時の記事で書いた気もしますが

THEダメ男の主人公は、なんだか自分に重ねて見えてしまうところが多々あるんですよね。

あぁ、俺ってこんな風に見えてるんだな、とか。こんな考え方してるからダメなんだな、とか(笑)



ある面で、男は女以上に女々しい一面をもっていると思います。

女性からしたら『男らしくしろよ!』と思われるような部分を世の男性達は誰しも持っていて

それをバレないように必死に強がって隠しているのだと。


藤本幸世(主人公)は、そういう部分を包み隠さず、全てさらけ出してくれます。

『男ってこういうところあるよね』って、男にも女にも共感を得られてるんじゃないかなぁと思います。

ダメ人間だけど、憎めない存在。

そこが人気の理由の1つなのだと個人的に感じています。



たぶんこの映画というか、『モテキ』という作品は男と女で感想に違いがあると思いますが

俺が感じたのは男は内面が大事ってことですね。

中身のない男には、中身のない恋愛しかできないんだなって思いました。・・・偉そうですね(笑)



キスシーンやベッドシーンがこれでもかとあるくせに

すごくさわやかで、何の恥ずかしげもなく観ていられるのもこの作品の不思議で素敵なところです。

特にキスシーンがすごく大切に撮られている気がしますね。

見ていてドキっとします。



あとはやっぱり麻生久美子さん。

観た人にはわかるかもしれませんが・・・どんだけ俺のストライクゾーンに放ってくるんだ!って感じでした

さすがに長澤まさみほどの若さはないものの、他の誰にもない独特の魅力で魅せてくれました。



恋って苦しいですなぁ〜そして素敵ですなぁ〜と感じさせられた作品。

まだ観てない方は、マンガとドラマを観てから映画館へ足を運んでみてください!

もう1回観てもいいな、うん。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この前は楽しかったですね(^^)ほんといろいろ良くしてもらってありがとうございました☆

幸世ってクソ男だけど、でも少なからず男なら共感できる部分がありますよね。それを極端にして表に出してる分、逆にすっきりしてる感じがします。

僕的に一番面白かったのは映画後のちゅばおさんです(笑)
すぎやま
2011/10/05 10:28
>JO
信じられないほどクソ男だけど、必ずどっかに共感できるとこがあるんだよね。自分もたくさんダメ男因子持ってるような気がします。。

バーチュー語録
『俺のモテキは胎生期だった』
『今の俺は目がギンギンに冴えてるから、どんなものが飛び出してきても絶対によけることができる』→その直前に赤信号に気付かず横断歩道を大幅にはみ出ていた。
KAKA'
2011/10/06 01:23
ぇ、この↑面子で見に行ったんですか?笑
私もモテキ見ました!!
最高でした♪
長澤まさみにやられましたーー
ぁと、曲のチョイスとかもイチイチぐっときました!!
今度語りましょう(o^∀^o)
NUTS
2011/10/28 07:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
恋が攻めてきたっ! B with!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる